パパブロガーが提案!失敗しない10万円給付金の使い方5選

特別定額給付金の10万円、いろんなサイトで内訳を説明しているけど、範囲が広すぎてピンと来ないんだよね。ブログで頑張ってるパパの使い方ってどうしてるんだろ?

ハイ!ブログ頑張っている親父のヨーヘイです!

今回は私の考えた定額給付金10万円の使い方について私なりに紹介していきます。

ぶっちゃけ人それぞれなので参考にならないかもしれませんが、「私ならこうしたい」的なものを含め紹介していきますので、もしお時間があればお付き合いください。

10万円給付金の使い方内訳(世間一般の調査結果)

trend-research.jp
引用元:日本トレンドリサーチ

この手の表は、「10万円 使い道」と言うキーワードをGoogle検索エンジンに入力すると、ちょっと調べれば上記のようなグラフがゴロゴロ出てくるので、既にご存知の方も多いかと思います。

確かに大まかな参考にはなると思いますが、知りたいのはコレじゃないですよね。

外食!日用品!日々の生活の補填!はわかったけど、ブロガーは何買うの?と言う素朴な疑問が残ると思いますので、早速ご紹介していきます。

給付金の使い方1:妻への贈り物

ゴキゲン取りではありません。一応言っておきますが。

残念ながら私の安サラリーでは、マトモな服も買ってやれないんです。。

もちろん私の着る服なんか半年以上も買ってないので、ペラペラのヨレヨレですよ。ホントに。

なので、今回の給付金は真っ先に妻が欲しがっているバッグや、ロクシタンのハンドクリームなんかを買ってあげたいと思っています。

明けても暮れてもPCにカジリついてブログ書いてるパパブロガーなら、真っ先に奥様の事を考えて好きなもの買ってあげましょう。(最優先かつ最重要事項です。お忘れなく。)

給付金の使い方2:自己投資

さて、ここからがパパブロガーにおススメする本命です。

私自身、これらにどれだけ投資できるかで今後のブログ人生が変わると言っても過言ではありません

ブロガーに限らず、インプットの基本は本からというのは鉄則です。

ブロガー初心者の私が繰り返し読みまくっているのは以下の本です。

ブログをやるにはライティングも必要ですが、マーケティングもものすごく重要です。これらが濃縮されて1つずつ実践できるテクが満載で、もし読んでない方がいたらゼヒ手に取ってほしい1冊です。


最近ではオーディブルで聴学ってのも試したのですが、ぜんぜんアリです。むしろおススメです。

無料で1冊試せる上にAmazonもバンバンキャンペーン打ってますから、お得な時期にゼヒ登録しましょう。

本については以下の記事でも紹介しているので参考にしてみてください。

関連記事

「読書は苦手。だけど読書は出来るようになりたい。」そう思う方は多いのではないでしょうか。ここ最近では有名人のYouTubeやコンテンツからは読書を勧められるし、実際に成果を上げている人は今までに何100冊と本を読んでいる傾向があ[…]

ブログ開設資金

これからブログを開設してみたいなーと言う方にはコチラ。

迷ってるならやってみればいいと思うんですね。合わなかったら辞めたらいいんです。

 

ただし、ちゃんとアフィリエイトで稼ぎたいのであれば、アメブロやはてなブログなどの無料ブログはオススメしません。

自由度も低く検索エンジンからの評価も低いので、中途半端なものになってしまいます。

余程の理由がない限りはWord Pressを使った本格的なブログをや始めることをおススメします。

 

とはいえ多少の軍資金が必要です。

サーバー代は一般的な相場として1カ月1000円くらいからですが、実際には3か月分をまとめて支払う事が一般的です。

有料テーマも見据え、だいたい1万~3万円くらいは見込んで用意し、十分な下調べをしたうえで開設に臨みましょう。

手前味噌で恐縮ですが、私がブログを始めた理由を赤裸々に綴った記事はこちらなので、よかったらご覧ください。

あわせて読みたい

ブログって稼げると聞いたけどホント? 何でブログ始めたの? ブログ始めた初心者の感想はどうなの? 私はブログ書き始めてまだ2週間程度の新米ブロガーです。(2020年2月現在)今日は、初心者がブロ[…]

パソコン、ガジェット系

私が今使っているPCは今年の正月の初売りセールで約7年ぶりに新調したものですが、新しいPCはやっぱりイイですね。

もともとは動画編集をやりたくて、まあまあのスペック品を買ったつもりでした。

Win10/RIZEN 5/SSD256/8Gb 程度のスペックは、まぁ悪くないと思います。

ただ、動画編集をやるには全然物足りない事に気付いてしまったのです・・。

そこに給付金10万支給は大きなエクストラボーナスですが、ガジェット系の物欲は底なし沼に陥るので気を付けましょう。。

使い方3:子供へのプレゼント

子供たちも今回のコロナ騒動では大変な被害を被りましたね。

お子さんがいらっしゃるご家庭ではストレスMAXだったのではないでしょうか。

わが家の3人はと言うと・・もう毎日が取っ組み合いのケンカばかりでしたよ・・。。

 

そんな子供たちにも一律10万円が支給されます。

これも考え方が割れますが、私は「子供たちの有益になるものを積極的に買う派」です。

工作キット

ウチの子供たちが大好きなやつなので、わが家で買い与えるならコレかなと。

ダンボールハウスとかを連休中に作らせたら、ナカナカの物を作ってくれましたよ。

創作意欲をくすぐる工作キットは、しばらく楽しませてくれる上に知育にもうってつけです。

体験会

コロナの影響で控えめな印象はありますが、私が住む田舎には様々なアクティビティがあります。

体を動かすもの、モノづくりを体験できるもの、地域交流を深めるものなど、実に様々です。

お手軽に済む一方で、ガッツリハマった時には道具やらなんやらでお金がかかります。

そんなときの支援金として使ってみてもいいかもしれませんね。

Switchなど

コレはわが家では非推奨なのですが、まぁアリな人もいるかと思います。

ちなみに、わが家はNintendo Switch他、据え置きゲーム機を所有していません。

理由は、地に足付けて遊ぶことができているうちは、そっちを優先させたいからです。

実は私がゲーム大好きなのでわりと残念なのですが、もう少し大きくなって自制が出来るようになった頃に買ってあげようかな、と思います。

使い方4:旅行

こんなコロナ時に不謹慎だ~!なんて声が聞こえてきそうですが、逆に空いていて快適だと思うんですね(汗

私は若い頃に初めて訪れた沖縄に感動し過ぎて、翌年も同じ時期に行った経験があります。

何が良かったって、当時付けていたmixi日記から引用するとこんな感じです。

どこまでも高く澄んだ青い空。
果てが見えないほど高く積みあがった積乱雲。
遠くからでも鮮明に見える雨のカーテン。
エメラルドグリーンの澄んだ海。
島人の唄声と祭囃子。
赤と緑、青と白、見事なコントラストのハイビスカス。
必ず対になっている護神。
沖縄へ行ってきました …
-2007年9月1日投稿 mixi日記より-

今から13年前、28歳の私が実際に書いた文章です。・・意外とセンスあったのか?

ちょっとだけ写真を公開するとこんな感じでした。そしてまた沖縄へ行きたくなる始末。

kyufu-kin-travel
2008年に行った沖縄旅行

当時はパッケージツアーで行きましたが、次に行くなら最安値検索で一発比較ができるエアトリを利用して行くつもりです。

もちろん、今度は家族を連れて。

使い方5:家電などなど

日本トレンドリサーチによると、10万円の給付金は日用的な身近なものに使うと結果が出ています。

家電もその対象ではないでしょうか。

白モノ家電の足しに

わが家ではそろそろテレビ、電子レンジがイイ感じで壊れそうなんですよね。(知らんがな)

そしてもう5年もすれば、子供たちはきっと今の3倍は飯を食べるでしょう。

考え出すとキリがありませんが、最近の白モノ家電はIOTの効果もあってハイスペックで良心的価格のものが盛りだくさんです。

とりわけテレビなんかは地上波の視聴率が下がっている一方で、YouTubeなどの映像コンテンツを大画面で観たいって事で需要が高まっているようです。

意外とAmazonでも安く売っているので、この機会に買い替えるのもアリですね。


このmaxzenというメーカー、国内のメーカーなんですよ。

日本の企業で50インチテレビが5万円以下の商品が出てるとは・・

私は今、猛烈に感動しています(´;ω;`)ブワッ

趣味の道具

最後に趣味の道具やモノ、と言う事で、私にしてみれば欲しいものは山ほどあるので悩みどころです。

料理男子な私が欲しいものはこちらです。参考までに・・

まとめ:給付金の使い方は状況に合わせて賢く使おう

なんやかんやでガッツリご紹介してきましたが、皆さんの物欲センサーは温まったでしょうか?

とはいえ状況が状況なので楽観視せず、適度に物欲を満たしつつ、アフターコロナを乗り越えていきましょう!

改めて今回ご紹介した内容をおさらいすると、こんな感じです。

  1. 奥さんへの贈り物 → 最・重・要!項目です。
  2. 自己投資 → 本や自信のスキルアップに投資しましょう。
  3. 子供へのプレゼント → どうせ買うなら有意義なものを買ってやってください。
  4. 旅行 → 沖縄行きたい~!!(ただの願望でスミマセン)
  5. 家電などなど → わりとパンチの効いた金額の物は今が買い時です。

こんな時だからこそ進んで消費活動を行い、日本経済も元気にしちゃいましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。