【常識をぶち壊せ】読書が苦手な人に贈るおすすめ読書術3選

「読書は苦手。だけど読書は出来るようになりたい。」

そう思う方は多いのではないでしょうか

ここ最近では有名人のYouTubeやコンテンツからは読書を勧められるし、実際に成果を上げている人は今までに何100冊と本を読んでいる傾向があると聞くので、読書が苦手と言う方はそれだけで焦ってしまいますよね。

でも大丈夫。読書嫌いな方でも、これから紹介する非常識な読書術を使えば、きっと今よりも本が読めるようになるはず

読書嫌いだった私が読書を習慣化させられるほど影響を受けた方法を3つ紹介するので、ゼヒ最後まで読んでくださいね。

【結論】読書ニガテな人に贈るオススメな読書術は以下の通り

  • オーディオブック・・・「本を聴く」読書術。声優やナレーターが本を朗読し、字を目で追うことなく耳で聴ける方法です。
  • 入門書またはマンガ本・・・難しい事は読まずに「カンタンな本から」読む。
  • スキミング・・・本は頭から全部読まず、必要なところだけを「拾い読む」

本が苦手な人にってはワリと奇抜な事を言うな~と思われたかもしれません。

でもどうして本が苦手な人にオススメなのか、ここでは簡単にその理由だけを書き出しておきます。

詳細については次から解説していきます。

読書が苦手な日本人

実は本が苦手な人は恥ずかしいと思っていませんか?

安心してもらうつもりはないのですが、まずは日本人の現状を見ていきましょう。

47.3%が1か月に1冊も本を「読まない」日本人

Ministry of Education data
※平成 30 年度「国語に関する世論調査」の結果の概要

※データ引用元:文科省「平成 30 年度「国語に関する世論調査」の結果の概要」

このデータからもわかる通り、日本人の約半分は1カ月に1冊も本は読んでいません。

一方で、有名インフルエンサーの読書量はこちらです。

  • マナブさん:「年間約300冊くらい
  • イケハヤさん:「年間にすると軽く1000冊
  • メンタリストDaiGoさん:「毎日10~20冊」=1日平均15冊としても、年間にすると約5475冊
■マメ知識
マナブさん:ブログアフィリエイトだけで月収600万円を超え、現在はYouTuberを中心にご自身の商材などで年収1億を超える大型インフルエンサー。マナブさんのブログ:「manablog」はこちら

イケハヤさん:かつてはブロガー、現在はYouTuberであり作家。オンラインサロンなども運営しており、多方面で活躍されているインフルエンサーです。YouTubeチャンネル「イケハヤ大学」はこちら

メンタリストDaiGOさん:メンタリストでありYouTuber、ニコ生などでの活躍は勿論、読書家として、作家として書籍も多数出版されている有名人です。テレビで観た方もいらっしゃるんじゃないですかね。その年収は15億を超えるとか。DaiGoさんのYouTubeチャンネルはこちら

ちなみにこれらはすべて公開された記事やブログ、書籍などで公開されている情報です。

日本人の平均勉強時間は6分

データ引用元:総務省統計局 平成28年社会生活基本調査の結果より抜粋結果の概要(PDF:1,129KB)P29

これ知っていましたか?残念ながら、私もこれを知ったのは最近です(;’∀’)

そして私も「勉強していない社会人」でした。

インフルエンサーや著名人の動画や書籍をよく読む方なら言わずと知れた情報なんですが、わりとショックな数字ですよね。

そして勉強するためには動画からも「読書がおススメですよ」「勉強しろ!」って言われる訳です。

本が苦手な人の理由

ここまで読み進めてくれた方なら既に危機感を感じているのではないでしょうか。

そうです。勉強するために本を読みたいけど、苦手なんですよね。

私も読書が苦手でしたが、そもそもなんで苦手なんでしょうね?

ちょっと考えてみると、こんな理由が挙げられます。

・本の内容が難しくて内容が頭に入ってこない
・1~2章は読めるけど、集中力が続かない
・そもそも読むのが遅い、活字が見にくい

思い当たる節はありませんでしたか?もちろん私も同じ理由でした。

しかし、次の方法を試せす事で、これらの悩みが解決できます。

本が苦手な人に贈る非常識のススメ

改めて冒頭の結論に至った理由を説明します。

Audible(オーディブル)

「本は、聴こう」のキャッチコピーで聞いたことある方も多いのではないでしょうか?

そもそも「文字を目で追うこと」をしないので、活字が追えなくても耳さえあれば大丈夫っていう読書の常識をブチ壊したサービスです。

無料で最初の1冊を試すことができるし、いつでも解約可能なので気軽に始てみましょう!

オーディブルを試してみたい方はこちら

実際私も利用しているサービスなのですが、同じ本を何回も繰り返し聴くには最適な方法でもあります。

本は繰り返し読んだ方が良いとは言われますが、ぶっちゃけ同じ本を何回も読むって大変じゃないですか(;’∀’)

その点、オーディオブックならスイッチを入れるだけで半自動的に音声として聴けるので、同じところを聴いたとしても毎回何かしらの気付きがあって面白いです。

入門書又はマンガ本

こちらは集中力が続かない方におススメの非常識です。

入門書やマンガは、言葉が優しくなっている上に挿絵やグラフなど直感的に読める要素が多い事が特徴。

そもそも入門書ってその分野の入り口に立った時に必要だから手にしますよね。

実は、「必要な情報は必要な時にゲットしたときにこそ記憶に残りやすい」とメンタリストDaiGoさんの著書「知識を操る読書術」にも書かれています。

難しい本を読もうとしても、そもそも知らない言葉が多いので頭に入らない=「いま求めている情報じゃない」ので、納得ですね。

ちなみに私はWebマーケティングの知識が欲しかった時、こんな本をポチりました。

スキミング

難しい本でもこの方法を使う事で、必要な所だけを感情的に読めばOK

実はこの方法もメンタリストDaiGoさんの著書「知識を操る読書術」に書かれています。

目次から追って気になったところを読み、違うな、と思ったら読み飛ばせばいいんです。

本は頭から最後まで読む必要はありません。(とはいえ自分で買った本は最終的に最後まで読みますけどね。モッタイナイ症候群の貧乏性な私です・・)

ちなみに、DaiGoさんの著書「知識を操る読書術」はAudibleでも出ており、初回登録は無料で試すことができます

まとめ:本が苦手な人は非常識な読書術で打開してみよう

今回ご紹介した方法をおさらいします。

  • そもそも読むのが遅い、活字が見にくい
    → オーディオブックで本を「聴く」
  • 本の内容が難しく内容が頭に入ってこない
    → 「必要な知識を得るため」に入門書またはマンガ本を読む
  • 1~2章は読めるけど、集中力が続かない
    → スキミングで「読み飛ばす」

特に今回私が紹介したDaiGoさんの著書「知識を操る読書術」は、あまりの読み易さに読書苦手な私が1日かけずに読破できたと言う奇跡の一冊です

気になったらゼヒ手に取ってみてくださいね。

それとコレを機にたくさん本を読みたくなった!って方がいらっしゃったら、Kindle unlimited 読み放題なんかもオススメです。

30日の無料体験でお好きな本、雑誌、マンガが読み放題か、今なら通常月額980円のところ2カ月で299円の破格のセールをやっています。(2020年5月現在)

Kindle Unlimitedを試してみたい方はこちらからどうぞ。

それでは今回はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。